視力回復にはレーシックが最も効果的だと考えられています。

 

注意しておくこと

大阪などで行われているレーシック治療を利用する前に注意しておくべきことがあります。レーシックを受ける場合には、目の表面や状態をコンタクトやメガネを使っていない自然な状態に出来る限り調える必要があります。メガネの場合は3日以上、コンタクトの場合は1ヶ月程度利用を禁止し、大阪などで行われているレーシック治療に向けての下準備が必要となっています。
これはまず大阪などで行われているレーシック治療を受けると決めた医療機関からしっかりと通達されますから、絶対に適当なことをしないで案内された内容を守るようにしてください。でなければ結果的に大阪などで行われているレーシック治療を受ける自分自身が困ることになるのです。

また、術後も同様に手術をして敏感になっており、ゴミや衝撃にさらされることがNGとなっている状態ですから、自分の目と将来を守るためにも医師からいわれた注意事項はしっかりと守るようにしてください。何日あたりから化粧も大丈夫とはいわれていますが、やらないことにこしたことはありません。自分の目の健康とこれから先に待っているクリアな視界のためにも、完全に医師から大阪などで行われているレーシック治療が完了したといわれるまではあまり目やその周辺に化粧をしたり、負担をかけるような事はしないようにしてください。

水泳は勿論、術後からしばらくはスポーツも禁止となります。走れば全身に多少なりとも衝撃が与えられますが、これによって目のフラップがずれることもありますし、水泳の場合はそこから感染して目に病気を貰うこともあります。危険な場所からはできるだけ遠ざかった生活で術後の様子をみるようにしてください。

Copyright(c) 2015 視力回復にはレーシックが最も効果的だと考えられています。